効果的に見えるのぼりはどんなものが良いのか?

のぼりは通りを歩いていたり、駅や店頭、その他人の集まる場所などにいけば、必ずと言っていいほど見かける物だと思います。

今活用されているのぼりというのは、その多くが宣伝に活用されていることが多く、のぼりは道行く人の目に留まるためには欠かせないアイテムともいえます。

オンラインでの情報が多い世の中ではありますが、のぼりはまだまだ大活躍しているのです。

外国人観光客の集客にも効果的だとか・・参考:飲食店の集客につなげる!外国人観光客の来店を促す工夫とコツ

では、効果的に活用するにはどんなのぼりが良いのでしょうか?

人は歩いている時に普段ない物にはふと視線を向けたりしますが、それでも今は多くの物や人が溢れているというのが通常ですから、目に留まるにはやはり工夫が必要です。

人の目に留まるのぼりにするにはまず色をよく考えてみましょう。

のぼりに、文字情報やイラストなどを印刷するものですが、その他に地となる色を決めていきます。

普段目にしない色があったり、その場所に良い意味で馴染んでいたりしたら、何だろう?と思いますよね。

のぼりに書かれている情報よりも何よりも第一に目に飛び込むのが地の色となりますので、どんな色にすれば目立つのか?設置する場所にはどんな色が良いのか?ということなどをよく考えてみましょう。

のぼりの色に目が留まれば、次は何が書いてあるのだろう?と思わせることが重要です。

のぼりに興味を持ってもらった訳ですから、次はより的確にそして端的に伝えるべき情報を盛り込むことです。

パッと目にした時に、人はそう多くの情報を読むことができません。

のぼりで伝えるべきことは通りすがりでもパッと読める程度の情報に収めるのがいいでしょう。